おかえり~^^

お誕生日におばから贈られたアクアマリンのネックレス。
毎日していたところ、それが消えていることに気づいたのは七夕の日のこと。

以前、帰宅したら身につけていたパールの一連のネックレスが消えていたり@@;
ホテルの部屋からパーティー会場に行く間に、
ポーチに入れたエイトスターのダイヤが消えていたり@@;
(他の指輪はあって、それだけが雲隠れ)
これらに関しては、戻らないな…そんな気配が感じられたもの。
他にも出かけた先から帰ると琥珀のペンダントがないことに気づいたり、
イヤリングをしていた頃は決まって片方消えたもの^^
もしかしたら時が来たら戻ってくるかも…という感覚があったものは、
すっかり忘れた頃に、思いがけない所からただいま~^^/ @@

物が消える時って、何かしら気配ってあったりしてきたものだけれども、
今回はまったくそれが感じられない「無」

「無」なので、思いつく場所を確認し、やるだけやったと感じたあとは探すのは止め、
必要なら戻ってくるし、もう必要でないなら戻らない…
その感覚だけを大切に、ありがとうとごめんねを送ってそのままにした次第。

物にもある意志、大いなる意志^^

友人の体験は、部屋の真ん中にお皿を置き、トイレに立ち再び戻るとお皿が消えていたり、
行ってもいない神社のお守りが部屋に置かれていたり…などなど。
エイトスターダイヤを持った人の体験には、突然に消え枕の中から出てきたりとか、
手を合わせていたらするっと抜ける感じがし、見たら指から消えていたとか。
わたしも「~~があるといいな~」と思うと顕現されたり、
物が無くなる時はその気配を感じたりしたもの。
 って、誰しもが多かれ少なかれ体験していることなのだけど、
 それを気にとめなかったり気にしすぎたり。

無くなった物が出てくる時は、全くもって思いもよらない所から出てくるので、
探す時は「まさか」と思う所を探すなど、固定観念も消されたり。

「手元にある「物」や「人」は消えない」とどこかで思っているのが人間のよう。
でもね、大いなる意志で消えるときは消えるようになっている…
だからこそ、いま目の前にある全てのものが「ある」ことは本当にすごいこと。

さて、そのネックレス。
マッサージのお店の人に忘れ物がなかったかを尋ねると、
とても親切に対応してくださり…その真心から得た贈り物。

「それは☆☆の中に入っていったんだよ^^ どこかにあるよ~」とは夫。

ひとつの出来事から得るたくさんの優しさ。

そんな昨日、洗濯物を干すためバルコニーに出ると、椅子の上に何やら糸か?
見てみると、なんとアクアマリンのネックレス!!
思いがけない所から出てくる…今回はバルコニーとは~@@
いつも洗濯物をそこに置いて干すのだけれど、前日には気づかなかったしね~。
「あった~!!」と走って夫の元へ。

「バルコニーまでたどりつけたけど、網戸閉まってて入れなかったんだね~^^」と夫
「ちょっくら旅して来たんだね~^^」と妻。

落としたり、なくしたり、壊れたり…
「人」の感覚で味わえば、いろいろな思いの体験となり、
「大いなる存在」サイドで味わえば、そうなるようになっていた、大いなるバランスの体験となり。

「個」の味わい、「全」の味わい。
「個」の感覚を味わってこそ出会える「全」の味。

おかえり~。帰ってきてくれてうれしかったよ~^^
[PR]
by maruisora | 2011-07-10 17:09