旅の記録 神々のつどい 後編

f0191897_1612021.jpgf0191897_1613135.jpg
高山の市街に近づくと、
子どものお神楽に出会い
街に入ると何やらお祭りの気配
この季節に訪ねたことはあっても
お祭りの光景ははじめて・ ・?




街に入ると何やらすごい賑わい。ありがたいことに空きのある駐車場に手招きされて無事駐車。
交通整理していたおまわりさんにお祭りがあるのか尋ねると、桜山八幡宮でのおまつりとのこと。
珍しく夫が急かすので小走りで八幡宮に。

 道すがら目にしたポスター                   
f0191897_16191179.jpg
「神集い、神賑わい、三十年に一度の世直し大祭」
最初に目に入った右側に書かれたいたフレーズ

そして思い出された、去年高山を訪ねた時の光景。
去年、久しぶりにその八幡神宮を訪ね大祭の看板を見て、
高山祭り以外にも大きなお祭りがあることを知ったこと。
「GWだから来よう!!でも、早めに宿とらないとGWで泊まれないね」と話していたことを…。
二人すっかりそのことを忘れていたのに、何かに憑かれたように2月早々に宿をとったのは、このためだったのでしょね。
忘れていても行く所には行くようになっている…安心です。
去年看板を見て3年に1度の大祭と思っていたら、
30年に1度だったとは…@@ 30年に1度って…@@
この時期に30年目を迎えたなんて、それが「世直しの大祭」なんて…絶句。




 神宮の空気と「その時」に巡り合わせてもらえたことに感涙
f0191897_16391658.jpgf0191897_16401369.jpg
















八幡宮に向かう道すがら、あちこちで目にした獅子舞、神楽、宮司さんの行列
八幡宮で知った事には、3日間の大祭で飛騨地域の神社170余社が招請されるとのこと
1日50~60の社の神の輿入れ行列が古い町並みに集う姿は
まさに神集い、神賑わい…です。

f0191897_1643639.jpgf0191897_164458.jpg
f0191897_16461719.jpgf0191897_1646452.jpg
f0191897_16474394.jpg
f0191897_1650079.jpg
f0191897_16505859.jpgf0191897_16512495.jpgf0191897_16515930.jpgf0191897_16523756.jpg

















































































人が集う時に生まれるエネルギーはすごいもの。
純粋なこころで神を想って集うならそれは一なる宇宙の響き。
季節の行事やお祭りは、日々の暮らしの中で楽しみながら、
自然を愛で大いなるいのちを敬い、いのちの響きを奏で続ける知恵だったのでしょね。
お囃子の前では震災の義援金を募っていました。



                  日々の営み 神事
f0191897_16533321.jpgf0191897_16535559.jpg


















「世直し」が目に付き「世直し」すること何かある?と湧き上がった問いかけ。
瞬間、浮かんだ文字ふたつ。「神楽」と「いわい(祝い)」…それでいいんだ。よろこぶいのち☆


                  高山のお宿ではお地蔵さまがお出迎え
                案内されたお部屋の名前は 「くうかい」 @@
                  「ヘーゲル」「カント」などもありびっくり
                     このお宿って、そういうお宿?  

f0191897_21135931.jpg

[PR]
by maruisora | 2011-05-07 16:54 | 旅の記録