道てらすうた

YouTubeで遊んでいた夫。
「これ知ってる?」など、みゆきの歌もいろいろ視聴。

わたしにとって、みゆき節は道照らす光だったといっても過言ではなく。
落ちる時は底までとことん自分を落とすタイプだったわたしが、
本能的に「底」と感じるところ…そんな時になぜか聴いたのはみゆき節。

今思えば、アザミ嬢のララバイを作ったのって彼女が19才くらいのはず。すごいな~。

ちなみに、本格的に救いとなってくれたのが高校時代。
みゆきを聴いている間だけは、救われている感じだったよな記憶が…。

みゆきの世界を、暗い、重いと言う人もいたけれど、わたしには安らぎであり救い。
はじめてみゆきのトークを聞いたときは、歌とのギャップにびっくりしたもの。
そして、そのギャップから感じる彼女の感性に惹かれたものでした。

ある人が本で「中島みゆきは向こうの世界を見ている人だ」
そんなことを書いていてやっぱりそうだよね~と立ち読みしながら共感した次第。

みゆき節から感じていたのは慈愛。闇の底ですくいあげられる愛。
深い深い闇を知ってるから、ともせる灯り。
そう気づいたのは、自分が、闇の底に触れ光に出会う体験をしたことによって。

みゆき節で泣くときは、「底」から脱出がはじまりだしている時だったな~…
後になってそのことにも気づき、本能ってすごいな~とひとり感慨に浸ったりしつつ。

さて、独身時代にみゆきのテープを持っていた夫@@
それがまた、高校時代わたしを救ってくれたアルバムだったんですな~。
夫の感性を界間見た気がしてそこに響きを感じてしまったわけです。
後に、みゆきのテープはそれ1本。特別好きというほどでなかったことを知りました^^;
男と女のドラマって、こんな錯覚ではじまるものね(笑)

彼がYouTubeを聴きながら「これいい歌だね」と言ったのが「ヘッドライト・テールライト」
「いい歌だね」と言ったことに新鮮な驚きでした。

その翌日の姉からのメールに、今PCでみゆきを聴いて泣けたと。
みゆきに興味なかった…というより好みでなかった姉が…これまたびっくり。

いつだったかマリアづいていた頃、久々に中島みゆきのCDを聴いていたところ。
そして、そのCDの最後の曲が「ヘッドライト・テールライト」。おもしろいものです♪

そのときそのとき、いろいろな歌に癒されたり元気をもらってきたけれど、
みゆきの歌は「底」を共にいてくれた存在で、そこはかとなく大きい力だったな~。
出会いは出愛…以前に友人が言っていたけれど、歌もまた出愛。
どんなときも、いろいろな形で寄り添ってくれている存在があったことを改めて思ういながら、
夫や姉がみゆきの歌をいいと言ったことがうれしく感じた出来事でした060.gif
[PR]
by maruisora | 2010-10-13 09:31