たわいもない…でも真実の会話^^

友人との会話

友人 「☆☆ちゃんは、本当に体当たりに生きて人間を味わってるよね」
私   「うん!!………人間じゃないから味わえるんだよっ」
友人 「そうなんだよね~。人間にとっぷり浸かってたら味わえないんだよね~
     でも、つい浸かっちゃうんだよね」
私   「身体は、宇宙を表現するためにあるんだもん」


自分を信じる体験をしている友人に

私   「最初にみんな神よと言われた時、わたしって神だったんだ~と思えたし、
     天使とも思えたし、なんでみんな思えないの~?と不思議だったんだよね~」
友人 「☆☆ちゃんは素直なんだよね~。宇宙に対して素直
     そういう人は、神さまに好かれるって。そして伸びるのが早いんだって」
私   「うん、そう思う。
     自分が素直だなんて思ってなかったんだけど、信じない人の多さに触れて、
     自分の素直さに気づいたんだよね~」

私   「わたしなんて…とかいうのってエネルギーとしては傲慢なんだよね~」
友人 「そうなんだ~」
私   「それを謙虚と思ってたり…、謙虚ってそういうことじゃないんだよね」
友人 「そうなんだよね。積極的に生きることとか…」
私   「そうそう、時には噛みついてやる~ということが謙虚だったりするしね(笑)」

    
夫との会話

夫   「本当は、物体ってないんだって。微粒子レベルまでいってもそれはあるんだって
     物体はエネルギーで、このお風呂も実際は物体じゃなくてエネルギーってことなんだ」
妻   「そうだよ~^^ ※※(夫)も☆☆(妻)も、この姿は幻で本当はないんだよ~^^」
夫   「☆☆は、☆☆っていう名のエネルギーなんだ~」
妻   「そうだよ~。でもホントは名前もないんだよ~。
    だから、☆☆なんてお風呂に入ればお風呂とひとつになってるよ~^^」
夫   「………」
[PR]
by maruisora | 2010-09-17 20:20