自然体

ずっと憧れていた自然体、あるがまま。
むかし、「あるがまま、なすがまま、風に吹かれて」
そんな内容の年賀状を書いたもの。

自分の意識は気づいてなくても、
本能は自分が無理して生きてることを知っていたからでしょうね。

あるがまま、なすがまま、自然体。
ことばにしてはいたものの、
あるがままってどんなことか、自然体ってどんな状態か、
本当のところよくわかっていなかった…。
自然体を意識している間はきっと自然体じゃないのでしょうね~。

自然体って、大いなる自然の流れと一体の状態だったんだなぁ
そんなことを感じるようになりました。
そして、自分が感じる意思は大いなる意思。

この社会で自然体でいるのはちょっと勇気がいるけれど、
ゆっくりゆっくり流れに任せていけばいいやっ…て感じてます。

そして、最近改めて感じたことは…。
まずは自分が無理しない生き方をする。こころの透け感を保つ。
それが全ての土台。
無理して人に合わせる必要もなく、ただ自分を透明にしておく。
それだけかなってね。

そもそも「無理」が当たり前の生き方に慣れていると、
自分が無理しているだなんて思いもよらない…そこが面白さ。

無理するもよし、しないもよし。
無理して生まれるのは緊張くらい。
無理をやめると無垢なこころが顔を出す…
そんな気がする今日この頃です。
[PR]
by maruisora | 2009-07-19 08:09