風と光と菜の花畑

5月のGWの初日、夫の閃きに従い近場の散策に。
以前記事にした大賀ハスがある公園からのスタートでした。

大賀ハスが咲くのは夏。
そろそろ大きくなってるのかね~、なんて思いながら訪ねたところ、
泥の池に小さな枯葉がぷかぷか浮いている…その光景にびっくり。
ぷかぷか浮いている枯葉に見えたのは、ハスの葉だったのですよね。
1メートル以上の背丈で、花びらの中から光りを放っているかのように見える大賀ハス…
こんな枯葉のような小さな葉があの光を放つ花になるだなんて。
しかも2ヶ月ちょっとの間で…ひたすら感動でした。

泥の池に浮かぶ枯葉のような小さな葉が、やがて光を放ち咲き誇り
光を放ち咲き誇った後はまた、泥の池に浮かぶ小さな枯葉のような姿になっていく。
光を放っている姿と、泥の池に浮かぶ枯葉のようなその姿。
泥になり光になり刻々変化していく…それ以上でも以下でもない美。
いのちの営みを感じ、久々に感動の雄叫びをあげました。

そこから新緑の光と風とうぐいすの声にいざなわれ歩いていると、
空に続きそうなくらい(と、わたしには見えたわけで…)の広大な菜の花畑。
丈はわたしの身長を軽く超えるほど…
それはとてつもない感動で、止める夫を振り切って畑の中に入っていきました。
両手で菜の花を抱え、重なり合う菜種と葉の間から眺めた空の色。
柔らかな風と、黄緑色の葉と空の色。その柔らかな光に包まれて涙がぽろぽろ。
あ~、帰ってきた~。

風と光の優しさに触れ、わたしに帰ってきた~。そんな感じでした。
わたしってば想像以上に疲れていたのね~。
普段、人と接しないわたしが、多数の人と接するだけでもこれまぁストレス。
でも、どんなに疲れても、優しい世界に戻してくれることにまた涙。
風と光と菜の花畑の贈り物。
ぼたん園や、えびね苑。木々や草花にたくさんの恵みをもらった1日となりました001.gif
[PR]
by maruisora | 2009-05-04 19:18