彩雲の日

土曜日、思いがけない流れで気づけば明治神宮に行って来ました。

車で、青山通りから表参道に曲がる瞬間、なんだかその日は明治神宮に一礼。
いつも気持ちよさを感じるその通りに、昨日はとても強いエネルギーを感じてびっくり。
原宿に向けて表参道はおしゃれな人たちで混み合っているというのに、
とてもキラキラした美しい光景にしばし恍惚感でした012.gif

その日は、朝から空や景色の光が違っているように感じていたのですが、
表参道では夫も「今日の光はなんだか違うね」と言ったほどです。

「車を止めるのは無理だから明治神宮には寄らないよ」と言われていたのですが、
結局行く運びになり、大鳥居をくぐった瞬間うれし涙がうるる。
人は清々しい空気に触れると気持ちよさを感じるのは、
清々しさがいのちの本質でもあるからでしょうねぇ032.gif

そこで出会った、うれしい言葉のメッセージがありました。
☆☆ 「天翔ける 優雅に…」 ☆☆
遊びにいらしてくださったあなたにもお届けです072.gif

参拝するために並んでいた私たちの前を、
赤い傘に守られた新郎と新婦が通り過ぎて行ってくれました。
うれしい光景に、「おめでとう。ありがとう」…拍手してまたうるる053.gif

そんな帰り道、東名を走っていると目の前の煌めく空にくっきりした彩雲の贈り物。
紫色が強く、紫雲ということばにぴったりでした。


☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆

光という愛に触れると絶対的な安心を得られるのは、それが真実の世界だからなんですよね。

日々の営みの中、わたしたち人間はいろいろな体験をするようになっています。
でも、その愛は片時も止むことなく降り注ぎ続けてられているのです。
それを受け取るか受け取らないかは、わたしたちが選択しているだけのこと。
受け取る素直さがあれば、その瞬間から感じられるくらい自然なんです。。
だって、その降り注ぐ愛はわたしたちの本質そのものでもあるのですからね。

今、地球全体がいろいろ揺れています。
その揺れは、わたしたち一人一人の変容のための揺れ。

本来いのちとは「揺らぎ」。自然の世界はいつも揺らいでいます。
風に揺らぎ、雨に揺らぎ、そして四季折々姿を変容させて、何ひとつ一定ではないですよね。
一定ではない…あえていうなら、それが定められていることかもしれません。

それを、安定させようとして固まらせてきたのが、
これまでのわたしたち人間の思考体験のひとつだったのではないかと感じます。

本質(愛)を見失う体験をし、それがどんな世界を生み出すかも体験し、
そろそろ、いのちの本来の力の「揺らぎ」が目覚めだしている時期だと感じます。
固めた分だけ、揺らぐのも自然というものですね。

大いなる愛はわたしたち人間の体験を許してくれてきたのですから、
まずは、わたしたちも自分の全ての体験を受け入れ、許すことから…そう思います。
大丈夫、この光はますます大きく降り注がれていますから072.gif058.gif

☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆
[PR]
by maruisora | 2009-01-12 16:00