やわらかな風に包まれて


by maruisora

無限

次元というものがあるのなら、
高い次元とはどんな波動なのだろか…

ふと訪れた問いかけに
感覚で教えてほしいのだけど…

波動はどんどん微細に変化し
やがて波動そものが消えた

「無」

至福も
安らぎさえも
消えていた

なにもない

そうか…

笑いがこぼれた

なにもない
ありとあるすべては
そこからあらわれている
その不思議
その奇跡

なにもない
いまこの瞬間も
そこからあらわれている
限りなどありようもない
[PR]
# by maruisora | 2016-03-16 15:19 | ひとりごと

わからない

すべてわからない

わかっていた…と思っていたことは
思っていただけだった

そう教えられたから?
それがよきこと
それが真実etc.
疑問さえ持たないほど馴染ませて

それら全部が蜃気楼のように消え失せて

なにもわからない…
かろうじてわかったことは
なにもわかってなかった
なにもわからないんだ
ということだろか

ガイドブックも地図も知識もなく
だだっ広い大地、はたまた空や海や
どこなのか
そんなところにいるような

かつて息苦しいと感じたものは
実は地図やガイドブックで支えだったりするものだ
そんなことにも気づいたりする

新しい旅は手ぶらのままで
なにもないからわからない
外からの知識もあてにはならず

不思議なもので
手ぶらになるとアンテナのようなものがあることに気づく
それに従えばいい…
行く先わからないのに
そんな感覚がどこからか湧く
きっとそれがいのちの響き
からだとハートがキラキラと波打つ

そのアンテナに従うことを自由と呼ぶのかもしれない
不自由だったことすら自由だった…
それを感じたときに自由がすべてとなった
[PR]
# by maruisora | 2015-07-15 18:22 | ひとりごと

愛しさ

お墓参りを終え、境内の木陰のイスに座りひと息。
夫の横でぼ〜っと風を感じていると、
向こうからお坊さんと喪服姿の方々が歩いて来られた。
何回忌かの法要だろうか…
すると先頭に歩く50代から60代くらいの男性がお骨を抱いておられた
「四十九日かぁ…」とひとりごとを言いながら、
ご両親かな?などと勝手な想像をしていたら、
言いようのない哀しみが訪れた。
ご両親ではなく伴侶…哀しみが語った気がした。
列の最後の若い男性がお位牌を胸元に抱いており、
ご子息に感じられた。

晴れ渡る空、桜に枝を揺らす風
伝わってきた哀しみが愛しく感じられた。
哀しいと愛しいが、同じ潤いある色彩に思えた。

哀しみが柔らかな温かさにかわりますように
一瞬の出会いが祈りを与えてくれた
[PR]
# by maruisora | 2015-07-14 10:05 | ひとりごと
f0191897_12394163.jpg
f0191897_12394153.jpg

f0191897_12394149.jpg
f0191897_12394137.jpg

f0191897_12394125.jpg
f0191897_12394158.jpg

f0191897_12394141.jpg
f0191897_1239417.jpg

[PR]
# by maruisora | 2014-05-18 21:39 | ある日の光景

観音さまご縁日


f0191897_1048487.jpg
f0191897_10484879.jpg

f0191897_1048486.jpg


出会うすべて
触れるすべて
ときのすべて
満ちて潤い
静けさにきらめいていた
[PR]
# by maruisora | 2014-05-18 19:48 | ある日の光景

菜の花たより

f0191897_1456133.jpg ことばはいらない
f0191897_1456113.jpg

           きみの存在がすべてだf0191897_145611.jpg
[PR]
# by maruisora | 2014-05-04 14:56 | 旅の記録

しろい菜の花たより


f0191897_1456529.jpg 同じ光景を見て感動を共にする
                             それってすごい
                             そんな光景もすごい
                                   
 
     f0191897_14565224.jpg
[PR]
# by maruisora | 2014-05-04 14:56 | 旅の記録

たけのこの戯れ

         みんな出ておいで~
f0191897_1447749.jpg

         は~い
f0191897_1447841.jpg

[PR]
# by maruisora | 2014-05-01 14:47 | ある日の光景

顕在

神なるわたし

全てが神の顕れ
神は見出さずとも
常に顕れている

神のユニークさにただ笑う
あらゆることありのまま
それが神の顕れだったのだから

・°・*・°・*・°・*・°・*・°・
[PR]
# by maruisora | 2014-04-30 15:54 | ひとりごと

いぶき

呼吸に意識を向けていると、
ある時呼吸だけが浮かび
呼吸だけがある。

呼吸をしていたのではなく、
呼吸に動かされていた
どんなときもずっと

呼吸は神の息吹
大いなるもの

わたしの動きすべては
神の動きだったんだ


・°・*・°・*・°・*・°・*・°・
[PR]
# by maruisora | 2014-04-30 15:53 | ひとりごと

遊歩道にて

     背景と溶け合うきみのすがた
f0191897_12495079.jpg



     個として咲くきみのすがた
f0191897_12495063.jpg

[PR]
# by maruisora | 2014-04-20 12:49 | ある日の光景

静寂

内に広がる静寂の園

静寂は腹に力を宿し、
全身を導き動かし
光に満たしていく

静けさが運ぶ動きは力満ちて開かれ閉じる
自然にはいっさいのムダがない

いのちの奏でる旋律は
開いては閉じ閉じては開き
その優雅さは
宇宙の響き神の鼓動
[PR]
# by maruisora | 2014-04-14 18:18 | ひとりごと

宝のありか

内に意識を向ける

するとどうだろう

あふれだす宝箱、咲き誇るうつくしい花園
そのうるおいによろこびがわき満ち足りる
それがすべて
それしかない
いのちははじめからずっとそうだった

外に意識を向けている間は
その宝箱や花園に気づけずに
人の宝箱や花園がうつくしく見えるんだ。

内の宝に出会ったら、
これ以上のものはない…
そう感じるほどすばらしい。
[PR]
# by maruisora | 2014-04-13 20:18 | ひとりごと

いまがすべて

少したりとも何かになろうとしたら
いまを逃がし、いまの姿にすべてが宿る真実とりこぼすんだ
いまの姿に宿る輝石を見逃し、幻想の宝を求めて疲労するんだ


どんな姿であったとしても、
それが自然の姿と気づけたら
その姿に安らいでいく


よりよくなることがすばらしい
それが幻想緊張のはじまりだった。


よりよくなれるわけがない。
最初からなにもなく完全だったのだから。
そのことに気づくための幻想だったとしたら、
その幻想さえもまた完全だった^^
[PR]
# by maruisora | 2014-04-13 19:41 | ひとりごと

りらっくす

内にいのちの無限を感じ、活力に満ち
動と静が共にある
内にあれば動きすべてがくつろぎとなりよろこびとなる
[PR]
# by maruisora | 2014-04-12 17:25 | ひとりごと

ただそこにある

    ただ、そこに咲く

f0191897_1215132.jpg

      それがそれだからうつくしい    
f0191897_12151311.jpg



気づかないまに、そんなつもりもないままに
何かになろうとしているんだね
ありのまま生きるんだ
そんなことさえ、なろうとすることだったんだから

[PR]
# by maruisora | 2014-04-12 12:15 | ひとりごと

伊勢の神鶏

              ここがいいからここにいるんだ
f0191897_20345517.jpg

[PR]
# by maruisora | 2014-04-11 20:34 | ある日の光景

委ねる


しようとすると生まれる緊張
するものでなく起きるもの

なんでも「しよう」とするとかたくなる
「起きる」ことに動きを合わせていけば柔らかい


[PR]
# by maruisora | 2014-04-11 20:32

実存

                影絵の世界
f0191897_2044842.jpg

                影の正体は…
f0191897_2044811.jpg


形なければ影もなし

眠って生きる間
目にうつる光景は影絵の世界
その世界が真と信じ

あるとき眠りから覚め気づくんだ
その影をつくっている存在を
湧き上がる息吹の鼓動
みずみずしくうつくしく
このいのちのすがたの存在を…
[PR]
# by maruisora | 2014-04-11 20:04 | ひとりごと
f0191897_15563892.jpg

風と光と大地と空と

木々がつくるこもれびと

手作りいろいろ

その風景は誰かがつくったものがたり

誰かのつくる日々のおはなし

それが他の誰かをあたためる
[PR]
# by maruisora | 2014-04-09 15:56 | 旅の記録

空と桜と水仙の色

          いくど訪れても同じに見える風景…不思議
       
f0191897_15544719.jpg

[PR]
# by maruisora | 2014-04-09 15:54 | 旅の記録

おなじいのち

 ことばに表せないうつくしさ
 表せないおもいをうつしたかった

f0191897_21361498.jpg

    うつしかけて気がついた
    うつしたいのはそのいのち
    感動すら邪魔になる
    うつしたい…
    それがそもそも違ってた
    ひとつに溶け合うことだった

f0191897_21361491.jpg

[PR]
# by maruisora | 2014-04-08 21:36 | 旅の記録

身延山

f0191897_21241696.jpg



f0191897_21241667.jpg
f0191897_21241654.jpg
f0191897_21241654.jpgf0191897_21241630.jpg
[PR]
# by maruisora | 2014-04-08 21:24 | 旅の記録

いきいきとつぼみ

            つぼみ つぼみ ひらく前の花姿
f0191897_2185563.jpg

[PR]
# by maruisora | 2014-04-08 21:08 | ある日の光景

ことしのさくら

   空に枝垂れてさくら花

f0191897_2233823.jpg

       西陣織のような夜ざくらのいろ 
       かわいいね、かわいいねぇ 
       ありがとう

f0191897_2233883.jpg
[PR]
# by maruisora | 2014-03-29 22:03 | ある日の光景

あたたかな日の光景

f0191897_19253182.jpg



「あったかいねぇ。はるだねぇ。」

手をつないでいる幼き娘に父がいう

ひとりごとのような自然な響き

そのおだやかな響きが春のひざしのようにあったかい
[PR]
# by maruisora | 2014-03-28 19:25 | ある日の光景

ひかりふる

f0191897_22224115.jpg


   ・°・*☆*・°・*☆*・°・

  ひかりはいつもそそがれている

  なないろのひかりあびている

  きづかなくてもそそがれている

  そのひかりをあいとよぶ^^

   ・°・*☆*・°・*☆*・°・
[PR]
# by maruisora | 2014-03-26 22:22 | ある日の光景

いまはいま

いま以上のあしたはない

そんな感覚湧き上がり、

いまにくつろぎほほえみわいた。

いまがどんな姿であったとしても

どんないまでもありがとう

安らぐいまがあらわれる
[PR]
# by maruisora | 2014-03-26 18:50 | ひとりごと

愛はいま

f0191897_213478.jpg

愛するとか愛されるとか

そんなことばが意味なさないほど愛こそすべて

愛だけで存在しているこの世界

愛でしか存在できないこの世界

愛はすべて

ただすべて
[PR]
# by maruisora | 2014-03-25 21:03

花ひらく季節

f0191897_1883651.jpg



 だれもがみんなひらく花


 ひらかれていると知らずとも


 ただ花そこに咲きひらく
               
[PR]
# by maruisora | 2014-03-24 18:08 | ある日の光景